大雑把に生きてみる 頑張らない生活

ベビ待ちぐうたら主婦の日々 頑張りすぎたために空回りし失敗してきました。これからは自分のために生活したいと思います。

授乳中に片手があくので

今まさに授乳中…


うちはミルクと混合です。

出産した病院で最初からミルクのあげかたを指導して貰えたので赤ちゃんもすんなりとミルクを飲んでくれています。

といっても、時々拒否したり、うまく飲めなかったりすることもありますが…



主治医の先生も混合育児を勧めていました。

特に私は貧血も酷いのもあったし、
ミルクなら誰かに預けることもできるから良いよと。


実際、産後2ヶ月くらいから骨盤矯正に通い始めたのですが、
私が外出中にミルクを夫にあげてもらうよう授乳時間を調節したら、
1時間くらいの外出なら何も問題なく夫と赤ちゃんだけで過ごすことができました。

何度か赤ちゃんとのお留守番を経験することで、夫も自信が付いたようで、外出時間も2時間くらいなら快く送り出してくれるようになりました。

あとは休日の日中に仮眠させてもらったり…


赤ちゃんのお世話は毎日楽しくやっているのですが、疲れは溜まっていくので数時間でも休める時間があると嬉しいです。


保健センターの保健師さんとかは完母を遠回しに勧めてきましたが、私は今の状態が一番良いと思っているので、話半分で受け流しました(笑)


あとはおっぱいにもよりますよね。
私は最初は結構張って飲ませないと痛くなっていたので常に赤ちゃんに咥えさせてる感じだったのですが、
産後家に戻ってから急におっぱいが張らなくなってフニャフニャに。
いわゆるさし乳になったみたいなのですが、これが混合にはちょうど良かった!
半日くらいあげなくても、少しおっぱいが張るだけで、母乳パットもほとんど濡れません。
色々と私の都合の良い状態に身体がなってくれて良かった。


祖母は最初混合なのを心配していたのですが、哺乳類を渡して私の代わりに飲ませてあげてと頼んだら喜んで赤ちゃんを抱っこしてミルクをあげ始めて、その後からはあまりおっぱいのことを言ってこなくなりました。


なんかまとまり悪いですが、
母乳信仰の酷い病院に当ってしまった友人の話を聞いていたので、
混合とか完ミでもいいじゃないの
ということを言っておきたくて…


こういう話をすると、ラクをしたいからミルクを使ってるんだろうと批判を受けたりしますが、
ミルクにも母乳では足りない栄養を補給できたり、(私の場合は鉄分)
母親が不在の時の世話を誰かに代わってもらえる(急な病気の時など)メリットもあるので

それぞれの家庭で赤ちゃんやお母さんの状況も異なるのですから
完母育児をそんなに押し付けないで欲しいですね。

赤ちゃんが、すくすく元気に育てば。


と、赤ちゃんが飲み終わったのでこの辺で。

出産の報告です

お久しぶりです。
いきなりですが、
今年の5月に出産しました。


採卵2回、体外受精4回目
不妊治療始めて2年かかりました。


自分の後から結婚した人にどんどん追い越されていく焦りと不安に押しつぶされそうになりましたが、無事に我が子を見ることができて、
本当に不妊治療をやってよかったと思います。


体外受精4回というのは何回もチャレンジしている方からしたら少ないかもしれませんが、
採卵ではお腹は妊婦さんのように腫れ上がるし、ホルモン剤が合わなくて毎回吐いたりつらい思いをしました。

お金も合計すると200万円近くかかりました。
よくブログとかではお金のことボカシて書かれている人も多いので、参考になればと思い公開しておきます。
半分近くは助成金で戻ってきたので本当にありがたいです。


不妊治療をしなければ会えなかった我が子…

今は一日中泣いて手が離せませんが、可愛くて仕方がない。

いい方に考えれば、不妊治療のおかげで、出産や子育てへの準備時間ができた気もします。
夫も不妊治療のときの体調不良のときから寄り添ってくれていたので、妊娠初期のツワリのときも色々と協力的で助かりました。




これからも時間に余裕ができたらまた戻ってきたいと思います。
ブログ久しぶり過ぎなのと、
パソコンからではなくスマホからなので
いまいちうまく言葉が出てこないのですが、
不妊治療中は、このブログに愚痴を垂れ流せたおかげでストレス解消になってたと思うので
本当に皆様に感謝です。

採卵その後

お久しぶりです。

長い間ブログ放置してしまいました。

実は引越し等でバタバタしていました。

あと色々と時間を置くことで自分を見つめ直すことができたので
またぼちぼちとブログ再開していきたいと思います。

続きを読む

【体外受精】ソフィアAの副作用で吐き気が酷い

どうも、お久しぶりになってしまいました。

年末年始は咳喘息になったり、体外受精の説明会に行ったり、
その他色々なことがありましたが、
今、体外受精に向けての採卵の前周期チェックの段階に入っています。

続きを読む