大雑把に生きてみる 頑張らない生活

ベビ待ちぐうたら主婦の日々 頑張りすぎたために空回りし失敗してきました。これからは自分のために生活したいと思います。

【男性不妊】手術後3か月経過して検査&考えたこと

ランキングに参加しています にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

広告

こんにちは。

先日、夫が手術した病院に精液検査をしにいってきました。

 

うちは私が多嚢胞。

夫は精索静脈瘤

 

私は卵管造影まで終えていて、今のところ特に治療しなくてはいけない状態ではないようです。

 

毎月35日くらいの周期ですが生理が来ていて、

基礎体温表も2層に分かれています。

 

手術をした理由

年齢もまだぎりぎり20代ということもあったのと、

子供はできれば2人ほしいと思っているので

いきなり体外受精に進むのではなく、夫の精子の状態がよくなれば自然妊娠できるだろうという判断で

夫の手術に踏み切りました。

 

手術は失敗?

手術方法については詳しく解説してくれているサイトがいくつもあるので検索してみてください。

 

手術後、夫はかなり痛がりました。激痛を耐えていてとても見ていられませんでした。

過去にもっと大きな手術を何回も経験しているはずなのに、痛がり方が本当に辛そうでした。

通常、精索静脈瘤の手術はいくつか種類があるのですが私たちが選んだ手術方法は3泊4日の入院で手術後次の日には歩行して自力でトイレに行けるほどだと説明を受けていました。

ですので、仕事もその後は事務仕事なら問題なくできると言われていたので、4日間だけ仕事を休んで手術に挑みました。

 

ところが手術後の異常な痛みの訴え。

担当の医師も何十年も手術をしているベテランの先生でしたが、こんな症状は初めてだと言われました。

 

手術次の日には再手術となりました。

入院は一週間ほどに延び、夫は寝たきりとなったので

職場への連絡、状況の説明などは私がしました。

 

退院後も痛みはあるらしく、長時間の立ち仕事や歩き回ると痛み出て、辛そうでした。

血尿も3か月続いたようです。

3か月後の精液検査

先日ようやく手術後3か月を経過したので精液検査をしてきました。

(それまでも毎月のように経過観察のために通院もしていました。)

 

 

結果はですね…

 

「手術前と変わらず」です。

 

むしろ少し悪い??

 

という結果となりました。

 

 

結果を聞いた時、夫はかなりショックを受けたようでした。

なんとなく、覚悟はしていたのですが、

実際に精液検査をするまではどこかで期待もしていました。

あれだけ痛い思いをしたのだから、いい結果が出てくれるんじゃないのかと。

 

 

手術して残ったのは、夫の身体に大きな傷跡、痛み

お金は保険がおりましたのでかかりませんでしたが

退院後も1週間程は歩き回れる状態でなく仕事は休み。 

通院のためにも何日か休んでいます。

病院も少し遠方にあるのでほぼ1日つぶれてしまいます。

時間と労力はかなりかかっていると思います。

 

 

このような結果になり、

手術しなければよかったと後悔することもありますが、

一方で半数近くの人はこの手術によりいい結果を得ることができているのです。

 

その半数に入れてれば今頃…と思わないこともないですが、

いい結果がでなかったものはもうどうしようもありません。

受け入れるしかないのです。

 

今は落ち込んでしまった夫を元気付けるのがパートナーの役目だと思って

私は暗い顔を見せずに明るくいようと思います。

まだまだ方法は残っているのですから、落ち込むのはまだ早いのです。

今後について

今後は恐らく体外受精にステップアップすると思います。

人工授精では男性不妊のため臨みは薄そう。

 

早ければ明日にでも病院で先生に相談する予定なので

決定したら報告しますね。

広告を非表示にする