読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大雑把に生きてみる 頑張らない生活

ベビ待ちぐうたら主婦の日々 頑張りすぎたために空回りし失敗してきました。これからは自分のために生活したいと思います。

まさかの手術失敗!?

ランキングに参加しています にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

広告

お久しぶりです。
もう半月に1度くらいしか更新できていませんが、
そろそろ復活できそうです。


実は先月末からの夫の手術の件ですが…

詳しく書いてしまうと検索から身内にバレたり
病院の関係者にバレてしまうと困るので
あまり細かく書けないのですが、

Inauguración del Hospital Municipal de Chiconcuac


どう考えても手術失敗です…





手術後、夫は激痛で苦しみまくりました。


ネットや先生の話では傷口が少し痛む程度で
次の日には歩いてトイレにも行けるとのことでしたが…

ベッドの上で尋常じゃないくらいの痛がり方でした。


痛み止めを貰っても痛い痛いと言い続け、
発作のように熱も出続け……




それでも明日には良くなっているからと言われ私は自宅に帰りました。


次の日、心配しながらも
病院に朝イチで向かいました。



すると、
朝から血液検査&レントゲン……
夫は動くこともできず、なんとか車いすに載せられ運ばれていきました。



どうやら
手術の際に他の臓器が傷ついたらしいのです。




その日のうちに緊急手術 つまり再手術となりました。



一度切ったところより更に大きく切って
長時間に渡る手術となってしまいました。



朝から病院にいましたが、
手術が終わる頃には終電近くなりました。
個室ではなく大部屋にしていたので
消灯時間となり帰らなくてはなりません。

手術後意識が朦朧としている夫に少しだけ声をかけて、
急いでタクシーに乗って駅に向かいました。


今思えば、次の日も朝イチで病院に行くので駅前の漫画喫茶やビジネスホテルに泊まれば良かったのですが、まさかこんなに遅くなると思っていなかったので何も準備してこなかったのです…


翌日からも長かった…


病院まで電車とバスなのですが、

久しぶりの通勤のようでした。


5日くらい通って
少しだけ心が折れました。


朝ごはんは食べる余裕も時間も無いので病院に向かい
お昼は夫が病院食食べているときに手早くコンビニ弁当
夜は帰ってから作るの気力も無く、外食か抜くかどちらか…


日に日に回復していく夫
逆に日に日に疲れが溜まって元気が無くなっていく私…


退院の2日前くらいには夫も一人で歩いてトイレに行けるようになったので、
もう私の介助もいらなくなってきました。
といっても看護師さんが色々してくれるので、凝ってる肩や腰をもんであげたり、立ち上がるときに手伝ったりする程度でしたけど…

毎日病院に通って1日過ごすというだけだったのに
とにかく疲れてしまいました…


退院までまだ日にちが残っているので、とりあえず2日くらい実家に帰ったら?と夫から言われてしまいました。

情けないです……




実家に戻っても、両親には夫の手術のことを言っていないので
適当な嘘をついて過ごしました。


実家でご飯を食べるだけで
全然違いますね。帰る頃には元気が出てきました。




数日後無事に夫は退院できましたが、
とても仕事に復帰できる状態ではありませんでした。


毎日3食準備するのって大変ですね。
普段、お昼ご飯なんて私一人なので適当に済ましてしまうのですが、
夫の回復のためにしっかり食べてもらわなくてはなりません。
管理栄養士の腕がなります!



でも、さすがに疲れました……
熟年夫婦が夫が退職後に不仲になる理由が分かりました……
好きな相手でも毎日同じ家の中で一緒に過ごし続けるのってストレス溜まるものですね。
食事の準備がこれほど苦痛になってしまうとは…



ごちゃごちゃな文書ですみません。




簡単な手術のはずが、
こんなことになるなんて。





無事に夫が戻ってきてくれたので良かったのですが、
子供を望まなければ必要の無い手術だったので

何か後遺症が残ったりしたら本当に可哀想でなりません。



こんなに大変な思いをしたのですから、
良い結果が出てくれるといいのですが………



勢いで書いてしまいましたが、
これで夫婦揃ってできるところまでできた感じです。

今後どうなるか分かりませんが、今年中はタイミング法で頑張っていきたいと思います。

そして今度こそブログ復活していきたいです…!

広告を非表示にする